スタッフ紹介

staff

スタッフ

町 和哉Machi Kazuya

町 和哉

プロフィール

1982年11月27日大阪市住之江区に生まれる。

京都大学大学院卒。フジ住宅株式会社へ入社。以後リクルート社を経て㈱街クリエイションを設立。

もっともっと子供たちに夢を持ってもらいたい!

何のために勉強するの?に応えたい。

受験だけを目指した場にしたくありません。

メッセージ

こんにちは!㈱まなび屋 代表取締役 町 和哉と申します。私には小さな頃から夢がありました。それは「さかな博士」です。
小学校、中学校、高校の卒業アルバムに目を通すと、自分でも驚きです。どのアルバムにも同じことが書いてありました(笑)

「将来はさかな博士になる!」3歳の頃に祖父と連れられて初めて体験したアジ釣りがきっかけです。その帰りの車中で「和哉!魚の研究がしたいのなら京大にいきなさい!」その祖父の一言が30年以上経った今でも頭に残っています。

「人」は「人」によって心を揺さぶられ、そこから夢が現れるのかもしれません。そう考えると「出会い」はとても大切なことです。
子どもの頃に誰に出合い、どんな体験をしたか?それがその子の人生に大きく影響してくるのでしょう。

結果、私は「さかな博士」になることはなかったです。
しかしながら、「さかな博士」になるために、さかなを勉強するには京大に入らなきゃ!とずっと願ってました。

私の場合は、さかな博士でした。君の場合は何ですか?
子どもたちに大きな夢のきっかけをつかんでもらえるようなまなびの場にしたいと思ってます。
ぜひお気軽にまなび屋に遊びにきてください!夢の話をしましょう!

坂本 京太郎Kyotaro Sakamoto

坂本 京太郎

プロフィール

昭和55年 北海道生まれ。

京都大学大学院を修了後、大手企業、地場企業、省庁で、営業をはじめ研修業務、人材開発業務、コンサルティング業務などに従事。

「人の話をよく聞く」「考えながらもまずはやってみる」をモットーに、学校生活、スポーツ、仕事などに全力で取り組んできました。

メッセージ

あなたが生きていく今からの90年、一体どんな力があれば、死ぬまで不自由なく暮らせるでしょうか?
今の社会で「良い」といわれるレールに乗るだけだと、残念ながら70歳くらいで困ってしまうことが予想されます。

これまで私は、たくさんの「道を拓くすごい人」を身近に見てきました。
誰でも名前を知っている大きな会社で、一気に社長になった人。政治家からの圧力に屈せず日本を変えつつある大学教授。自分の発想とアイディアで会社を作り成功した社長。会社に勤めながら小説を書いて成功した作家。

そんな「すごい人」に共通する力は、2つだと思ってます。
① どんな環境でも自信を持てる力
② 物事の全体を少し上から見渡して、整理して見ることができる力

①は、小さいことでも良いので、自分がいる場所で成功体験をたくさん積んでいくことが必要です。

②は少しイメージしにくいと思いますが、例えばあなたが森に迷い込んだとしましょう。
あなたの背丈から見渡すと、前にも後ろにも林しか見えません。しかし、あなたがヘリコプターに乗って、空から森とあなたを見ることができたとします。すると、どの方向に進めば森から出られるかが見えるはずです。そんな力を、「俯瞰(ふかん)する力」や「構造化する力」といいます。

まなび屋では、①と②の力をとことん磨きます。
そして、そのための題材を、せっかくなのでどうせしなければならない「学校の勉強」にしました。

勉強ができるようになることが目的ではありません。「道を拓き、生きていく力」を一緒に身に着けましょう。